無意味のような生き方

組込みエンジニアが怒りと無念をさえずるブログ。

僕が通っていた大学の教授

 

※大学院に通っていた頃(約1年前)に書いたものです。

 

僕が通っている大学の教授(40代、男、ドイツ観念論が専門)が、今度結婚するらしい。僕は前期に授業を1つ取っていたくらいで、その教授と特に親しいわけではなかったため、これといって感慨はない。だが、出合いの話などを人づてに聞く機会があり、その中で色々と思うことがあったので書きしるす。聞いた話によると、相手の女性とは”行きつけのバー”で出会ったという。女性が一人で飲んでいるのを見て、声をかけたのが最初のきっかけだそうだ。その教授曰く、「豪快な飲みっぷりがよかった」とのこと。そこからどう親しくなったのかは知らないが、まあ付き合って、そしてこの度めでたく結婚するということだ。

 

 

僕には現実味がなさすぎてFuckとも思えない。バーで声をかけるという行為を、僕は一生できないと思う。なぜなら、一人でバーに来る & 豪快に飲む女性って、自分の芯がかなりしっかりしている人だと思うから。今の僕が話しかけたら、まず劣等感で憤死する可能性が高い。いや、今じゃなくても、今後、仮に年収が数千万あったとしても、無理なんじゃないか。さらに言えば、いつか人よりも比較的高い収入を手にしたとして、それによって身についた自信で高圧的に話しかけたとしても、あまり好かれないように思われる。だが高圧的な態度が嫌われるとしたら、対等であればいいんだろうか?でも対等な収入っていくら位なんだろう。それがピッタリ吊り合っていない限り、傲慢or卑屈のジレンマに陥ってしまう。

 

 

だが!もしかすると、人と比較して上下(うえした)ではなく、自分の内から作られた自信を持った人と対等な付き合いがしたいのかもしれない。この内からの自信というものを身につけるためには、まず自分を確立していなきゃいけないのだが、これが非常に難しい。そしてさらに難しいのが、そのようにして確立された我(われ)が、「バーで人に話しかけるような人間である」という条件をクリアしていることだ。自分を確立している上で堂々と話しかけるのだから、その行動がある程度その人のポリシーと合致している必要があるのだ。

 

 

つまり、満たさねばならない条件は、不動の我の確立し、その我が見知らぬ人に話しかけるような人間であることだ。ちなみに僕はいずれも今のところ厳しい。「自信がないことに自信がある」という現状を抜けださないかぎり、内から湧き上がる自信は身につかなそうだ。

 

 

あと他にも僕が話しかけれない理由は山程あるが、中でも(人見知りを除いて)決定的なのは「たぶん話が合わないだろう」ということだ。僕が普段話すことは、いかに自分が苦しいかという話か、自意識過剰な話、あと哲学の話、くらいしかない。だが、バーに来る女性は、その時点で自意識がバカになっているようにみえる。「~な人ってどう思います?」から導入された話は、まったくハマらないと言い切っていい。僕の話がつまらんというのを脇に置くとしても、些細な会話すら価値観が合わない可能性が非常に高い。もちろん、話が合わなくてもOKだという人もいるだろうが、僕は盛り上がらない状況に耐える心臓は持ち合わせていない。アーイ。

 

 

※後記:教授の話はどこに行ったのか。

 

止まるな

 

深夜なので日記をかく。


最近はまたしても自意識について考えることが多い。人見知り、口下手、自意識過剰の原因については様々な説があるけれど、「自分がどう見られるか?ということに脳のリソースを割きすぎて、相手の話に集中できない」という説明が一番納得がいく。

 

図書館など行くと、自意識のネジがゆるい人が多い。
口を塞がず大声でくしゃみをする人、おならをする人、他の席も空いているのに隣に座ってくる人、100%目が合うとわかっていてこっちを見てくる人、確実に今は埋まっていると分かっていてトイレに来る人。


単純に迷惑だし個人的に不快だというのもあるけど、それ以上に、彼らが人生において得をしていることに腹が立つ。目の前のことに集中しているので生産性が高く、かつ堂々としてるので好かれてきたかもしれない。ふざけるなと言いたい。

 

とはいえ内気も前進すべきだ。内気でない人間が、自分の性向がたまたまそうだったというだけで伸び伸びと生きているのは癪だ。面白さ的、社会的、金銭的に負けるのは気に食わない。大丈夫、人生の刺激度合いではこっちが確実に勝っている。挨拶に一言添えるだけで心臓がバクバクなんだぞこっちは。

 

f:id:ikenohotorino:20170625022557j:plain

 

 

思考の早漏

話が続かない。他人とスムーズに会話できない。第一声はまだ良いとしても、その後がまるでダメ。理由はいっぱいある。1つは、人の目を見ることを最近覚えたことだ。自信ではなく投げやりの精神から、一定時間他人と目を合わせられるようになった。

しかし、目を合わせている間はそのことを意識しすぎるあまり、何かを考える余裕がない。かといって集中を切ればたやすく下を向いてしまう。よって、これは仕方がない。

理由は他にもある。話を長時間聞いていられないことだ。聞き流すのであれば問題ないが、まともに受け止めようとすると、すぐ質問したくなる。結論に向かうはるか手前で、「これはどうなのか?」「何を言っているのか?」と尋ねたくなる。そして、もしここで質問せずスルーしてしまうと、残った質問が脳を占領してしまい、その後の内容が全く入ってこない。

 

会話力を上げる本では、相手の話に耳を傾け、相手の言いたいことを引き出すのが最良だとされている。この基準に照らせば、僕は会話力ゼロの雑巾だろう。相手が言い終わらない内に質問するのは、会話の規約違反だ。質問する時、私たちは先へ進めない。立ち止まって、考え始めている。これは良いことではない。大事なのは鳥の目をもつことだと教わらなかったのか?この、考えるのが余りに早過ぎる現象を、思考の早漏とよびたい。

 

ちなみに僕よりはるかに早漏の人もいる。『ウィトゲンシュタイン読本』より抜粋。

 

始めることは難しい。――もちろん、われわれはすでに始まってしまっているのであって、新たに事を始めることなどできないのだという見地もありうる。そのような見地からすれば、何かを始めようと企てることは欺瞞であり茶番だろう。それは、すでに遠く港を離れた航海の途上で改めて空虚な進水式を執り行なおうとするようなものであるから。そのような見地を受け入れて、始めることの不可能性と欺瞞性を認めたとしても、しかし、依然として始めることが困難な時代として立ち現れてくるのはなぜであろうか。それは、われわれが原理的に不可能なことを試みていることに起因するのであろうか。

さて、ウィトゲンシュタインもまた始めなければならなかった。 

 

なんと「始めることは難しい。」の一文を書いた時点ですぐに自己内省が始まっているのだ。生活には不向きかもしれないが少しあこがれる。

 

 

ウィトゲンシュタイン読本 〈新装版〉

ウィトゲンシュタイン読本 〈新装版〉

 

 

 

 

小エッセイズ

×海を見ながら

最近、会社近くの某海浜公園で昼ごはんを食べている。隣の先輩とずっと一緒にいるのが気まずいので、昼休みに辺りをプラプラしていたら辿り着いた。今は備え付けのベンチでコンビニのパスタを食べているが、いずれはここにブルーシートをひいて、海を見ながらサンドイッチを食べたい。毎日の楽しみとして。

f:id:ikenohotorino:20170622001236j:plain

 

×本

毎日の楽しみ。通勤帰りに必ず本屋に寄ること。研究者をやめて、1冊あたりの本代がすごく安くなったことに驚く。4冊買って5000円を越えない衝撃。専門書なら1冊の値段だ。社会人になって、時間と濃厚な本の代わりにお金を得ていると感じる。全部は手に入らないか。

 

×引っ越したい

全部は手に入らない。同期との競争を勝ち抜いて今いる部署に決まったが、想像よりやる気のない部署だった。隣の芝生が青く見える。しかも、3月に今の家に引っ越して、会社まで徒歩で通えていたのだが、今月から通勤1時間半の所に配属になった。塞翁が馬。良い結果かどうかは最後までわからない。今の仕事はテンション上がらないけど、結果的に良かったと思えたら満足。(過去の思い出を美化とかではなくて。)

 

小エッセイ

✕新幹線で会社に通っている。定期代はJRの料金しか出ていないので、完全に自腹である。月に+3万くらい余分でかかっている。財布は痛いが、やめられない。体の調子がめちゃくちゃ良くて、今日は耐えられそうだと思っていても、いざ満員電車を見ると、一発で怖気づき、反対側のホームへ直行する。調子が悪いときはいわずもがなである。会社から品川が近いため、電車(1駅)→川沿いをお散歩→新幹線、というルーティンが出来上がった。

 

新幹線で腹が立つこと。自動改札絶対使わないマン。自動改札が使えない時期、改札で長居されて困った。到着よりかなり早く席を立って、連結部に来るマン&ウーマン。混雑時はすでに定位置が決まっているのですごく邪魔。席に座っていたくせに立っていた人より先に降りようとするマン。そんなに都合よくいくわけないだろばーか。

あと、この間、新幹線の改札で女性の新人職員が数人で話しているのを撮影しようとしていたおじさんがいてすごく不快だった。

 

自虐のテンプレート
A「みんなが自分の悪口を言ってるんじゃないか不安。絶対自分は嫌われている。」
B「誰もあなたのことなんか気にしていないから大丈夫。」
ここまでは定型だけど、この先、
A「好きの反対は無関心。やっぱり自分は好かれてない。」
ここまでテンプレ化しよう。

 

新横浜はIT企業が多いせいか、ブックオフの「情報科学」コーナーが充実している。プログラミングだけじゃなく、理論系の本もたくさんあってうれしい。その一方、この間久々に国立の本屋行ったら、『ゲンロン』の前で両腕を組んで仁王立ちしている大男がいた。これぞ国立という感じ。

 

✕人との関わりが薄いので書くことが少ない。会社の人たちもそこまで話しているようには見えない。ありがちな孤独を感じている。僕の場合、勉強会後の飲み会くらいしか人とまともに話す機会がない。もちろん新しい友人なんてできないし、ましてや彼女をや。勉強会を孤独を埋めるためのものにしたくない。ので、新しい人と出会っていきたいですねえ。切実。