人生のすてきな乱れ

組込みエンジニアが怒りと無念をさえずるブログ。

大丈夫だよ

「言葉にしなきゃ伝わらない」というのは何が発祥の言葉なんだろうか。検索してみても、そのものズバリのワードは引っかからない。ただ、関連ワードに「歌詞」と出てきたので、有名な曲の1フレーズなのかもしれないと思って調べてみる。探求の結果、以下の曲がヒットした。

 

『embrace』/BUMP OF CHICKEN
『伝えたいこと』/阿部真央
『Ray』/Kotoba no Chikara
『キミに贈る歌』/菅原紗由理
『Real me』/浜崎あゆみ

 

著名なミュージシャンの曲もあるけれど、どれも大ヒット曲という訳ではなく、言葉の発信源ではなさそう。すでにこれらの曲が出た頃には、「言葉にしなきゃ伝わらない」は共感を得られる1フレーズとして定着していたのではないかと思う。


出元がわからない名言はこわい。特定の時間に特定の人(人たち)が意図的に流行らそうとして生み出した可能性を感じる。コミュニケーション力不足を嘆くことで金を稼ぐ勢力が、自分たちのビジネスに引き寄せるために流行らせた煽り文句のひとつのような気もしてくる。「暗く」「口下手」なイメージがあるだけで何とも呼ばれていなかった人たちを「コミュ障」と名付けておいて、セミナーを開き啓発書を売りつけて「治る」のだと訴える。いや、それまで問題とも思ってなかったんだけど...。
前日に自分が重ねた雪を翌日に自分で回収して金を稼ぐこち亀の話を思い出す。

 

*************************

 

嫌いな名言は、ひっくり返して微修正すれば、好きになることが多い。「自分が変われば相手も変わる」という名言は嫌いだが、「自分が変わっても相手は変わらない」という言葉は好き。「考えるな、感じろ。」という名言は嫌いだが、「感じるな、考えろ。」という言葉は好き。「サクサク」という擬音は嫌いだが、「ヌルヌル」という言葉は好き。

 

「言葉にしなきゃ伝わらない」よりも「言葉にせずに伝えたい。」
日々生きていて、言葉にするまでもない事がたくさんある。初対面で挨拶も交わしたことのない相手に対して、言葉をかけるハードルは異様に高い。ハプニング系(「スマホ落としましたよ」)とか、感謝・謝罪系(「すみません」)とか、人によるけどナンパ系とか、何種類かの状況のパターンと定型文があり、それ以外で話すことは禁じられている気がする。そのため、言葉にせずに伝えなければ行けない状況は頻発している。

 

毎日、電車に乗って通勤している。僕が乗る駅では、車内は割と混んでいるので、出口のドア付近に立っていることが多い。次の駅が乗り換えの激しいターミナル駅なのだが、到着のアナウンスが流れると、皆すこしずつ出口につめ出す。僕はこれでもかというくらい出口すれすれに立っているにもかかわらず、3日に1度はギューと扉に押しつけられる。まだ着いてもいないのに。彼らに伝えたい。「大丈夫だよ、僕も降りるから」と。もっと言えば、もし次で降りないならば出口付近に立つようなことはしない人間であることを伝えたい。
なんとか伝える方法はないものか。アナウンスが流れた後、路線図を確認していかにも降りる雰囲気を出しているのだが、彼らには絶対に届いていないと思う。

 

よく行くコンビニのレジもそうだ。「袋はいりません」と言うと、レジの精算の時間とこちらのお金を出す時間が狂ってしまい、いつも圧倒的にレジが早く終ってしまう。確かに袋はいらないと言ったけれど、それは袋を入れる時間も惜しむほど急いでいるわけではなくて、単にすぐに食べるからいらないだけなんですよ、と伝えたい。そんなに急がなくて大丈夫。商品を鞄の中に入れて、財布を出して、しかもSuicaで払わないから。いつも400円くらいしかいつもチャージしてないから。後ろに人から圧力を感じるので、むしろテキパキ精算しないでくれと伝える方法はないものか。大丈夫だよ。大丈夫なんだよ。

 

客先常駐3週間で感じたこと

客先常駐とは、文字通り取引先にずっといる(常駐する)勤務形態のことだ。僕は、6月から客先常駐として働いている。客先常駐については、すでに色んなことが書かれている。説明は以下の記事が詳しい。

 

jochu-carrierup.net

 

僕はまだ3週間しか経っていないが、すでに不満や問題点が溜まってきたのでここに吐き出す。正直、どこからが業界的な問題で、どこからが僕個人の問題なのか曖昧だ。もしかすると全部僕だけにしか当てはまらない可能性もあるけど、多めに見て欲しい。

 

どこまでいっても味方ではない

 客先に行くと、自分たちは協力会社という身分になる。一般的に、協力会社は複数いる場合が多い。よって、1つのチームは、客先社員、協力会社A社員、協力会社B社員みたいな形態をとる。それぞれがベテラン&新人のセットで複数人いることも多い。当然、1人があらゆることを知っているわけではなく、役割がきちんと分かれている。そのため、同じチームのメンバーに質問&相談する状況が多々あるのだが、このとき、相手が他社の人だと圧倒的に話しかけづらい。本当に聞かなければならない内容か、相手の仕事を遅らせてまで聞くことなのかと一々吟味しないと聞けないため、個人の進捗がすごく遅れる。また、質問した後でも、相手が「なんで何のメリットもないこいつに教えなきゃならないんだ」と思われていたらどうしようと不安になり、完全に理解していなくても早々に切り上げてしまう。考え過ぎかもしれないが、少なくともウェルカムで教えてくれる状況ではない。結果的に、自分の仕事もすごく非効率だろうし、成長も期待できない。

 

コミュニケーションに関していえば、自チームの人間でもギクシャクしているのだから、他チームかつ他社の人間となれば尚更だ。話しかけるきっかけもなく、目の前にいるのに一切接触がない。相手にとって有益な情報でもなければとても話しかけられない。周りの人のほとんどが名前しか知らず、一言も喋ったことがない。今まで知らなかったが、一日中よく知らない他人に囲まれているのは居心地が悪い。この間、女性社員がお菓子を配りに来ていて、自分はどうなるのかとビクビクしていたら、一つ手前で止まった。素直に傷つく。一概に言えないけれど、同じ会社の人間であれば、知り合いになっておこうという気持ちが少しは芽生えるのではないか。会社が違うので、どこかで「関係ない」と思ってしまっている。これのメリットってあるのだろうか。 

 

見れない情報が多すぎる 

客先社員と協力会社社員の間の情報格差がひどい。パソコンは客先社員の権限のものを使え、自分のノートは持ち込み不可、会社のものは全て持ち出し禁止。仕事の情報は、自分と関係があるものしか見ることができない。そのくせ、「関係がある」範囲が曖昧なので、自分が見れない情報に頼らねばならないことも多い。その場合、客先か他社の人間に協力してもらわねばならないが、そうなると1段落目の問題に直面する。単純に作業が遅れるという時間的な問題もあるが、自分が何をやっているのかわからずに作業をするのはストレスが溜まる。相対的に周りと比較したり、全体からみた自分の位置を把握することで、次にやるべき行動が見つかって主体的に動けるのだと思うが、そのためのルートが閉ざされている。「新人だからしょうがない」と言われるかもしれないが、全体の状況と自分の力量が分かっていてヒヨコになるのと、何も知らないのでヒヨコにならざるを得ないのとでは全然違う。ゴールが分からいので1つの仕事が終わっても達成感がなく、ただ闇の中をもがいている感じだ。(あと、地味にID/パスワードを一日に何度も入力しなければならないのがストレス。電源を切るたびにリセットされてんじゃねえ。頑張れ。) 

 

 目標が見つからない  

実際に一番苦しいのはこの問題だ。上の2つの問題は辛いとはいえ、自分の行動次第では改善していけるものかもしれない(ただ、やらないで済むならやらない方がいい。)だが、この問題は努力でどうにかなるものではない。働く目標は何種類かに分けることができると思う。「出世(認められたい)系」「スキルアップ系」「良いものを作りたい系」など。客先常駐だと、これらすべてが見出しづらい。

 

まず、「出世系」は、働く場所の問題で難しい。基本的に評価する人は自社にいることが多いだろうから、その人にアピールをすることはできない。もちろん、仕事を頑張って間接的にアピールすることはできるけど、出世のために頑張るのは難しそうだ。仕事を頑張ることくらいしかないので、「上に行くために..」みたいな目標はなかなか結びつかない。それに比べて「スキルアップ系」は少しはマシかもしれない。だが、上で述べた2つの問題が壁になるので、スキルアップできる環境を自ら作るらなければならないだろう。「良いものを作る」ことについてだが、そもそも自分が作っているという実感がない。また、今はともかく、永久に創造的な仕事ができない(ように思える)のがつらい。言いたいことを言える場がほしい。

 

まとめると、客先常駐は目標が立てづらく、目標が立たなければ、仕事のモチベーションは上がりづらい。 

 

 

---------------------------------

「打たれて強くなる」という言葉がある。今の勤務先に決まったとき、部長から言われた言葉だ。厳しい環境の方が辛いことは多いけれど、その方が人は成長できるという。しかし、この言葉は「人は鉄である」ということが前提となっている。だが周知のように、人は鉄ではない。

 

やたら愚痴ばかり書いてしまったが、どうせならこれらの問題を解決したい。自分の問題としても、業界の問題としても。今は何も思いつかないけれど、問題を頭の片隅においておこうと思う。

 

僕が通っていた大学の教授

 

※大学院に通っていた頃(約1年前)に書いたものです。

 

僕が通っている大学の教授(40代、男、ドイツ観念論が専門)が、今度結婚するらしい。僕は前期に授業を1つ取っていたくらいで、その教授と特に親しいわけではなかったため、これといって感慨はない。だが、出合いの話などを人づてに聞く機会があり、その中で色々と思うことがあったので書きしるす。聞いた話によると、相手の女性とは”行きつけのバー”で出会ったという。女性が一人で飲んでいるのを見て、声をかけたのが最初のきっかけだそうだ。その教授曰く、「豪快な飲みっぷりがよかった」とのこと。そこからどう親しくなったのかは知らないが、まあ付き合って、そしてこの度めでたく結婚するということだ。

 

 

僕には現実味がなさすぎてFuckとも思えない。バーで声をかけるという行為を、僕は一生できないと思う。なぜなら、一人でバーに来る & 豪快に飲む女性って、自分の芯がかなりしっかりしている人だと思うから。今の僕が話しかけたら、まず劣等感で憤死する可能性が高い。いや、今じゃなくても、今後、仮に年収が数千万あったとしても、無理なんじゃないか。さらに言えば、いつか人よりも比較的高い収入を手にしたとして、それによって身についた自信で高圧的に話しかけたとしても、あまり好かれないように思われる。だが高圧的な態度が嫌われるとしたら、対等であればいいんだろうか?でも対等な収入っていくら位なんだろう。それがピッタリ吊り合っていない限り、傲慢or卑屈のジレンマに陥ってしまう。

 

 

だが!もしかすると、人と比較して上下(うえした)ではなく、自分の内から作られた自信を持った人と対等な付き合いがしたいのかもしれない。この内からの自信というものを身につけるためには、まず自分を確立していなきゃいけないのだが、これが非常に難しい。そしてさらに難しいのが、そのようにして確立された我(われ)が、「バーで人に話しかけるような人間である」という条件をクリアしていることだ。自分を確立している上で堂々と話しかけるのだから、その行動がある程度その人のポリシーと合致している必要があるのだ。

 

 

つまり、満たさねばならない条件は、不動の我の確立し、その我が見知らぬ人に話しかけるような人間であることだ。ちなみに僕はいずれも今のところ厳しい。「自信がないことに自信がある」という現状を抜けださないかぎり、内から湧き上がる自信は身につかなそうだ。

 

 

あと他にも僕が話しかけれない理由は山程あるが、中でも(人見知りを除いて)決定的なのは「たぶん話が合わないだろう」ということだ。僕が普段話すことは、いかに自分が苦しいかという話か、自意識過剰な話、あと哲学の話、くらいしかない。だが、バーに来る女性は、その時点で自意識がバカになっているようにみえる。「~な人ってどう思います?」から導入された話は、まったくハマらないと言い切っていい。僕の話がつまらんというのを脇に置くとしても、些細な会話すら価値観が合わない可能性が非常に高い。もちろん、話が合わなくてもOKだという人もいるだろうが、僕は盛り上がらない状況に耐える心臓は持ち合わせていない。アーイ。

 

 

※後記:教授の話はどこに行ったのか。

 

止まるな

 

深夜なので日記をかく。


最近はまたしても自意識について考えることが多い。人見知り、口下手、自意識過剰の原因については様々な説があるけれど、「自分がどう見られるか?ということに脳のリソースを割きすぎて、相手の話に集中できない」という説明が一番納得がいく。

 

図書館など行くと、自意識のネジがゆるい人が多い。
口を塞がず大声でくしゃみをする人、おならをする人、他の席も空いているのに隣に座ってくる人、100%目が合うとわかっていてこっちを見てくる人、確実に今は埋まっていると分かっていてトイレに来る人。


単純に迷惑だし個人的に不快だというのもあるけど、それ以上に、彼らが人生において得をしていることに腹が立つ。目の前のことに集中しているので生産性が高く、かつ堂々としてるので好かれてきたかもしれない。ふざけるなと言いたい。

 

とはいえ内気も前進すべきだ。内気でない人間が、自分の性向がたまたまそうだったというだけで伸び伸びと生きているのは癪だ。面白さ的、社会的、金銭的に負けるのは気に食わない。大丈夫、人生の刺激度合いではこっちが確実に勝っている。挨拶に一言添えるだけで心臓がバクバクなんだぞこっちは。

 

f:id:ikenohotorino:20170625022557j:plain

 

 

思考の早漏

話が続かない。他人とスムーズに会話できない。第一声はまだ良いとしても、その後がまるでダメ。理由はいっぱいある。1つは、人の目を見ることを最近覚えたことだ。自信ではなく投げやりの精神から、一定時間他人と目を合わせられるようになった。

しかし、目を合わせている間はそのことを意識しすぎるあまり、何かを考える余裕がない。かといって集中を切ればたやすく下を向いてしまう。よって、これは仕方がない。

理由は他にもある。話を長時間聞いていられないことだ。聞き流すのであれば問題ないが、まともに受け止めようとすると、すぐ質問したくなる。結論に向かうはるか手前で、「これはどうなのか?」「何を言っているのか?」と尋ねたくなる。そして、もしここで質問せずスルーしてしまうと、残った質問が脳を占領してしまい、その後の内容が全く入ってこない。

 

会話力を上げる本では、相手の話に耳を傾け、相手の言いたいことを引き出すのが最良だとされている。この基準に照らせば、僕は会話力ゼロの雑巾だろう。相手が言い終わらない内に質問するのは、会話の規約違反だ。質問する時、私たちは先へ進めない。立ち止まって、考え始めている。これは良いことではない。大事なのは鳥の目をもつことだと教わらなかったのか?この、考えるのが余りに早過ぎる現象を、思考の早漏とよびたい。

 

ちなみに僕よりはるかに早漏の人もいる。『ウィトゲンシュタイン読本』より抜粋。

 

始めることは難しい。――もちろん、われわれはすでに始まってしまっているのであって、新たに事を始めることなどできないのだという見地もありうる。そのような見地からすれば、何かを始めようと企てることは欺瞞であり茶番だろう。それは、すでに遠く港を離れた航海の途上で改めて空虚な進水式を執り行なおうとするようなものであるから。そのような見地を受け入れて、始めることの不可能性と欺瞞性を認めたとしても、しかし、依然として始めることが困難な時代として立ち現れてくるのはなぜであろうか。それは、われわれが原理的に不可能なことを試みていることに起因するのであろうか。

さて、ウィトゲンシュタインもまた始めなければならなかった。 

 

なんと「始めることは難しい。」の一文を書いた時点ですぐに自己内省が始まっているのだ。生活には不向きかもしれないが少しあこがれる。

 

 

ウィトゲンシュタイン読本 〈新装版〉

ウィトゲンシュタイン読本 〈新装版〉