無意味のような生き方

組込みエンジニアが怒りと無念をさえずるブログ。

小エッセイズ

×海を見ながら

最近、会社近くの某海浜公園で昼ごはんを食べている。隣の先輩とずっと一緒にいるのが気まずいので、昼休みに辺りをプラプラしていたら辿り着いた。今は備え付けのベンチでコンビニのパスタを食べているが、いずれはここにブルーシートをひいて、海を見ながらサンドイッチを食べたい。毎日の楽しみとして。

f:id:ikenohotorino:20170622001236j:plain

 

×本

毎日の楽しみ。通勤帰りに必ず本屋に寄ること。研究者をやめて、1冊あたりの本代がすごく安くなったことに驚く。4冊買って5000円を越えない衝撃。専門書なら1冊の値段だ。社会人になって、時間と濃厚な本の代わりにお金を得ていると感じる。全部は手に入らないか。

 

×引っ越したい

全部は手に入らない。同期との競争を勝ち抜いて今いる部署に決まったが、想像よりやる気のない部署だった。隣の芝生が青く見える。しかも、3月に今の家に引っ越して、会社まで徒歩で通えていたのだが、今月から通勤1時間半の所に配属になった。塞翁が馬。良い結果かどうかは最後までわからない。今の仕事はテンション上がらないけど、結果的に良かったと思えたら満足。(過去の思い出を美化とかではなくて。)

 

小エッセイ

✕新幹線で会社に通っている。定期代はJRの料金しか出ていないので、完全に自腹である。月に+3万くらい余分でかかっている。財布は痛いが、やめられない。体の調子がめちゃくちゃ良くて、今日は耐えられそうだと思っていても、いざ満員電車を見ると、一発で怖気づき、反対側のホームへ直行する。調子が悪いときはいわずもがなである。会社から品川が近いため、電車(1駅)→川沿いをお散歩→新幹線、というルーティンが出来上がった。

 

新幹線で腹が立つこと。自動改札絶対使わないマン。自動改札が使えない時期、改札で長居されて困った。到着よりかなり早く席を立って、連結部に来るマン&ウーマン。混雑時はすでに定位置が決まっているのですごく邪魔。席に座っていたくせに立っていた人より先に降りようとするマン。そんなに都合よくいくわけないだろばーか。

あと、この間、新幹線の改札で女性の新人職員が数人で話しているのを撮影しようとしていたおじさんがいてすごく不快だった。

 

自虐のテンプレート
A「みんなが自分の悪口を言ってるんじゃないか不安。絶対自分は嫌われている。」
B「誰もあなたのことなんか気にしていないから大丈夫。」
ここまでは定型だけど、この先、
A「好きの反対は無関心。やっぱり自分は好かれてない。」
ここまでテンプレ化しよう。

 

新横浜はIT企業が多いせいか、ブックオフの「情報科学」コーナーが充実している。プログラミングだけじゃなく、理論系の本もたくさんあってうれしい。その一方、この間久々に国立の本屋行ったら、『ゲンロン』の前で両腕を組んで仁王立ちしている大男がいた。これぞ国立という感じ。

 

✕人との関わりが薄いので書くことが少ない。会社の人たちもそこまで話しているようには見えない。ありがちな孤独を感じている。僕の場合、勉強会後の飲み会くらいしか人とまともに話す機会がない。もちろん新しい友人なんてできないし、ましてや彼女をや。勉強会を孤独を埋めるためのものにしたくない。ので、新しい人と出会っていきたいですねえ。切実。

 

許されたい

穂村弘のエッセイだったと思うのだが、将棋の羽生名人が若い頃から見た目が変わってないことについての考察が面白かった。羽生さん以外の棋士は全員見た目が年齢相応になっているにも関わらず、羽生さんだけは若い頃から見た目が変わってない。これは、羽生さんは変わらないでいることを許されるが、他の棋士は(世間や自分自身から)から変わらないことが許されず、変わらざるを得なかったから。よく時流に合わせて変化できる人がすごいと言われるが、その人たちは時流に合わせなければ生き残れないからそうしただけであって、本当にすごい(強い)のは変化せずとも生き残れた人なのかなと思う。

 

現在、僕はIT企業の組込み開発と言われる分野で仕事をしている。組込み開発とは、定義は色々とあるけど、主にPC以外の機器(車や家電とか)に搭載されるシステムのことを指す。PCのアプリと違って自由度はそんなに高くないが、日常生活に直接関わってくる。僕がこの分野に行きたかった理由は、何もしなくても許されたいからだ。昔から記憶力(特に短期記憶)が悪く、人の話を聞いてない。3日に1回は忘れ物をする。一人暮らしを初めてからは、部屋を片付けられない、洗濯後の服を乾かせない..etc。

 

日常業務がやりたくないし、嫌いだ。そして、やる努力も一切したくない。自分を変えようと努力するより、変わらなくてすむ努力をしたい。できない人にできる人のやり方を強要するのは下の下。自分なりの方法でできるようになることを促すのはまだまだ。できないならやらなくても許してほしい。何もしない人間を「ダメ人間」じゃなくて、「普通の最低限レベル」にしたい。日常業務の何か1つでも「軽く」するんじゃなくて「無」にするようなものを作りたい。

 

 

近況報告2

仕事がきつい。
今までは超楽しかったのに、先週末から仕事場が変わって苦しくなってきた。
今週はどうなるのか。

 

仕事帰り、何かに希望を託さなきゃ、手ぶらでは帰れない。
目に入った宝くじ売り場に吸い込まれる。

 

思ったことが全然言えない。
愛想よく笑っても笑わなくても好かれないし。
休憩時間のお菓子をスルーされる。

 

今の業務で結果を出した先に何もないのが問題。

 「メールを送る」とかでさえ、一旦ToDoリストに書かなきゃ出来ないというのに、

先も見えずやり続けることができるだろうか。

 

寝る時間か。

近況報告

 

3月26日。大学内の共有スペースでこれを書いている。証書と引き換えに学生証を返却させられたため、キセルしてどうにか侵入できた。修論奮闘記を書くために2ヶ月くらいアップしていたが、何も書かないまま4月になるので、近況についてまとめておく。

 

【近々の出来事】

・大学院を修了した。

色々あったけど修了できた。一時期(修論提出10日前)はマイナビ2018に登録する程追い込まれていたが、諸々が上手く転がって無事に着陸した。(←やはりここの話は書きたい。)修了できたことは心底どうでも良いが、退学せずに済んだことと、再び就活をしなくて済んだことと、4月から内定先で働けることがうれしい。

 

・引っ越した。

新横浜に引っ越した。それまで住んでいた大学の近くのアパートには8ヶ月くらいしかいなかったが、猛烈に飽きていたのでとても良かった。週2でバーミヤン、週1でモスバーガーに長居するのもうんざりしていた。代償となる場所を新居の近くでも見つけなければならない。

 

・組込み系の部署に配属された。

4月からIT系の会社で働くことになっているが、希望していた組込み系の部署に配属予定となった。どうして組込み系かと言われれば、「希少だから」というのが理由としてはでかい。web系などと比べて、(調べたことはないが)会社が圧倒的に少ないと思う。ピラミッドは小さい方がモチベーションも上がりやすい。別の理由は、僕の性格的なことだ。哲学にせよプログラミングにせよ、何か新しい情報を得たとき、応用することよりも、どうしてそれが成立したのかに目が行く。単に歴史が好きというだけでなく、それが成立する基盤全体に興味がある。組込み系は、アプリとかが成立するための基礎を開発すると聞いたので、なんか向いているのではと思った。

 

 以上!