読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無意味のような生き方

哲学専攻の大学院生が怒りと無念をさえずるブログ。

近況報告

3月26日。大学内の共有スペースでこれを書いている。証書と引き換えに学生証を返却させられたため、キセルしてどうにか侵入できた。修論奮闘記を書くために2ヶ月くらいアップしていたが、何も書かないまま4月になるので、近況についてまとめておく。 【…

『Disagreement』を読む:イントロダクション

・同じ人間なのになぜ意見が不一致するのか? ・不一致にはどんな種類があるのか? ・もし不一致が起こったら、どう対処するべきか? という疑問をもったので、『Disagreement』という本をamazonで購入しました。 やたら面白いので、誰に見せるわけでもない…

人生で初めてラップをした

2月3日 冬の朝、はるか後方からやってきたはずの締切に猛追され、パニック状態になっていた僕は、ほとんど見直さずに発表原稿を送信した。発表用にまた資料を新たに作って持ち込まないとマズイだろうなー。修論不受理も十分にあり得る。つらい。 (※ 後日談…

修士論文を書きながら励まされた歌

修士論文が終わって2週間が経つ。僕にとって修論執筆は、これまでの人生の中で最も長い時間嫌なことに向き合った経験だった。ずっとこれまで、何か嫌なことが起こりそうというだけで一番に逃げ出していた僕が、よくもまあ乗り切れたと思う。まだ今週末に口頭…

野球にまつわる愚痴とか

誰かと話したわけでもないのに溜まっていく野球へのヘイト。一定量に達したので書いて洗い流します。 ● 野球について会話できない理由野球はいつの時代も談話のトピックとして猛威を奮っているが、野球という球技そのものが話題に登ることはほぼない。主に話…

40年たって彼らはまた何故ここに...

想像でしかないが、バーミヤンで同世代の女性と酒&おしゃべりを楽しむのは、(独身)おじさんの中ではけっこうエリートの方なんじゃないだろうか。一人で来て紹興酒を頼み、何をするわけでもなく料理が来るのをボーっと待ち、来たらがむしゃらに食って帰る…

『白と黒のとびら』 第9章 「不毛な論争」まとめ ①

『白と黒のとびら』(川添愛、東京大学出版会)を読んでいる。 前半の山場である9章「不毛な論争」の内容が、一度読んだだけでは頭に入ってこなかったので、ここにまとめておく。 証明①『規則』で表せる文はすべて『装置』で表すことができる。②『装置』で…

ジャガビー好きとは話が合わない

お題「今日のおやつ」 最近、自分の年齢に引く。なんでこんな奴が25歳なんだ。11時過ぎまで寝て、約束を破りまくり、人と全然喋らず、料理・掃除・洗濯もほとんどしない。大人びた18歳よりは確実に子供だ。平均的な18歳だとどうだろうか。なんとか勝ちたいと…

ファッション全体論

――われわれはファッション全体として世界と向き合う。インナー、アウター、ジャケット、髪型、靴。それらの総体としてのみ他者と接する―― ファッションに勤しもうというときに困るのは、これらが全体として一つのまとまりをなしていることだ。例えば、僕が突…

決まっている

今日は会社の研修だった。詳しくは書けないが、今後の諸々に関わる重要なテストが行われた。テストがあることは数日前から知っていたので、僕は苦手な所を中心に復習して臨んだ。決して限界まで努力したわけではないが、そこそこ自分なりに対策して行ったつ…

可愛くなりたい

アメトーークの『仮面ライダー芸人』を観てなんとなく懐かしくなり、数日かけて『仮面ライダー剣』を全話見直した。当然ながら10年前にリアルタイムで観ていた時と印象が変わった所がいくつもある。特に変わったのは、当時は何となく印象の悪かった睦月(ダ…

25歳やっかみ宣言

世の中に愚痴は2種類ある。「理にかなった愚痴」と「ただのやっかみ」だ。 理にかなった愚痴は、他人もうんうん頷いて聞いてくれる。代表的なのは〈不当に評価されてる系〉だろう。 ・自分の方が結果を出しているのに、コネ入社の人の方が優遇されている・…

野球に詳しくないということ

野球に詳しくない。どのくらい詳しくないかといえば、球団の名前は全部言えないくらい詳しくない。現役の選手も(メジャーを除いて)3人くらいしか言えない。試合が9回まであることは知っているが、エラーの定義が何なのかは知らない。つまり、普通レベル…

『ゼロから始める オクテ男子愛され講座』 ②

↓前回のブログ↓ ikenohotori.hatenablog.com 引用(モテる方法)+ 自分の感想 【STEP7 「片思いの温度」の理解が成功の鍵】 要するに「いい人」になること。それが初心者が彼女を作る一番の王道です。 唐突だが、僕が言われたいセリフ、ベスト2を発表したい…

概念と規準

サールの『言語行為』の序盤が啓発的だったのでメモ。 [クワインの分析性批判への応答。クワインは「緑色のものは凡て延長している」という文が分析的か否か判別不可能であることを理由に、分析性という概念の妥当性を攻撃した。]サールによれば、ある概念…

砂の城

11月。約2ヵ月後に修論の提出を控えている。進捗は危機的状況であるが、後年思い出すために、これまでの院生活1年半を内省的に記録をしておく。 2015年4月。私は哲学系の大学院に入った。大学時代に不勉強だった私は、大学院に入るまで、ノートとブログの…

言わずに伝えたいこと

「言わなきゃ伝わらない」というけれど、言ってもその意図までは得てして伝わらないものだ。僕など特に他人に主張できる方ではないので、日ごろ困ることがたくさんある。これまで日記に書き溜めた〈これを伝える方法ってないものか〉ってことを書き並べる。 …

『逃げるは恥だが役に立つ』 3話までの感想

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(以降『逃げ恥』と略)を観ている。一緒に話せる友人が切に欲しいけれど、いざとなったら何も話せない気がする。なので、ここまでの感想を自分なりにまとめておきたい。 ・星野源だから許される(?)*1 最近、地味系黒縁メガ…

『ゼロから始める オクテ男子愛され講座』 ①

最近コミュニケーション関係の本を読み漁っている。 ゼロから始めるオクテ男子愛され講座 posted with ヨメレバ アルテイシア 永岡書店 2015-05-20 そんな中、この本が心にグサグサ刺さったので、印象に残ったフレーズと感想をメモしておく。( ※以降【】内…

頭のなかの整理帳

8月から何かを毎日続けようと思い、またも懲りずにブログを選択する。今回はブログ以外にも、プログラミングの勉強、研究にも毎日一定の時間を割くようにする。ずっと決意しては失敗、決意しては失敗..の繰り返したが、25歳になっていよいよ同世代がガン…

『勝手に選別される世界』

www.amazon.co.jp 評判(reputation)によってすべてが決まる未来。そこでは銀行がいくら貸してくれるか、大家が部屋を貸してくれるか、会社が雇用するか、デートの相手が誰になるかに至るまで、評判によって決まってしまう。この世界で生き残る方法はただ一…

面接につぐ面接

面接につぐ面接。2日連続というわけではないけれど、1日おき。月曜~木曜まで毎日会社に行っては、何かしらやらされる日々。常に緊張状態。荒れる胃。眠れない夜。あと6時間、5時間、4時間、3時間半..と、起床時間まで迫ってくる。それでも目覚ましを…

面接に行きたくなくなったけど結局行った話

今日は面接だった。俺たちはいつだって面接。にしても頻繁に面接。13時30分から面接だった。前日の夜は実家に泊まる。最後の実家(in赤羽)。東京の実家に泊まるのも今日で最後。最初で最後。次からは鹿児島が実家。面接の自己紹介が今後楽になるな。長崎、…

昼間から酒 辛くなるだけ

ビートを流しながらブログを書いてみる。音楽の勢いで筆が進む気がする。内容が薄くなるかもしれんが、何も書けないより遥かにマシでしょ、25歳。6月27日、日曜日。何の予定もない日。ザラにあるけどそんな日。国立に引っ越して2週間が経つけど、一度…

「なぜ働くのか」に答えづらい理由

「なぜ...?」への答え方は2種類ある。 ①「~から」という原因による答え方。 例:「なぜ風邪をひいた?」と聞かれて、「服を着ないで寝たから」と答える場合。 ②「~のため」という目的による答え方。 例:「なぜ勉強する?」と聞かれて、「単位を取るため…