読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無意味のような生き方

哲学専攻の大学院生が怒りと無念をさえずるブログ。

修士論文を書きながら励まされた歌

エッセイ/思うこと 修士論文

修士論文が終わって2週間が経つ。僕にとって修論執筆は、これまでの人生の中で最も長い時間嫌なことに向き合った経験だった。ずっとこれまで、何か嫌なことが起こりそうというだけで一番に逃げ出していた僕が、よくもまあ乗り切れたと思う。まだ今週末に口頭試問が控えており、悪夢はまだ終わっていないのだけど、正直、修了できようができまいがどうでもいい。自分の能力のなさに悶え苦しみながら修論を書き上げた日々に比べれば、中退して就活して辛酸を嘗めることになろうが、平気だ。社会人としての適性を否定されるより、研究者としての知的能力を否定されるのでは、僕にとっては後者の方が遥かにキツかった。この数ヶ月で苦しみに対する許容値がグンと上がったことが、唯一良かったこと。

 

以下、私が執筆中に励まされた音楽を羅列する。

 

 

「人にやさしく」 ブルーハーツ


人にやさしく ブルーハーツ 歌詞付き -Hitoniyasashiku The Blue Hearts-Lyrics

 

提出1週間前、指導教官からの全否定コメントに頭がおかしくなり、半ばヤケになりながら聴いていたのがこの曲だった。本当に余裕がなくなった時、結局心をなでるのは小洒落た言い回しではなくて「頑張れ」の一言だと痛感した。大音量で再生し、麻薬のように脳にぶち込みながら書いていた。

 

 

『できっこないをやらなくちゃ』 サンボマスター


できっこないをやらなくちゃ/サンボマスター

 

ストレートな歌詞に励まされる。「君ならできるどんなことも」という過大評価が、自信を失った人にとってどれだけ有り難いか。

 

 

『明日はきっといい日になる』 高橋優


高橋優初監督MV作品「明日はきっといい日になる」オモクリ監督エディットバージョン(Short size)

 

何のためにこんな苦しみを味わうのか。この曲を聴いて、自分の明日のために苦しむんだなと思った。向き合うのがどんなに嫌でも、ここで完成させなければ、僕はたぶん一生何も作り上げられない。どんなにカスな内容でも人に見せなければ、僕は誰でもできること以外、他人の前で何もできなくなってしまうと思った。

あと、この歌はPVも最高だった。僕の場合、自分が無能なのが辛かったので、最初に出てくる男性に自分を重ねてしまう。高橋優の他の曲も全部が響いた。

 

 

『刹那』 creepy nuts


Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) / 刹那 【第8回高校生RAP選手権 LIVE】

 

執筆中、外を歩きながらこの歌のフレーズをよく口ずさんでいた。

「こんなもん ハナから笑い者にされに行くようなもん」

「何もよけるな 何もためらうな 何も恥じらうな 何も怖れるな」

 

 

既に少し仕事が始まっているが、有能にはなれなそうだ。これからも何度も聴くと思う。