無意味のような生き方

組込みエンジニアが怒りと無念をさえずるブログ。

思考の早漏

話が続かない。他人とスムーズに会話できない。第一声はまだ良いとしても、その後がまるでダメ。理由はいっぱいある。1つは、人の目を見ることを最近覚えたことだ。自信ではなく投げやりの精神から、一定時間他人と目を合わせられるようになった。

しかし、目を合わせている間はそのことを意識しすぎるあまり、何かを考える余裕がない。かといって集中を切ればたやすく下を向いてしまう。よって、これは仕方がない。

理由は他にもある。話を長時間聞いていられないことだ。聞き流すのであれば問題ないが、まともに受け止めようとすると、すぐ質問したくなる。結論に向かうはるか手前で、「これはどうなのか?」「何を言っているのか?」と尋ねたくなる。そして、もしここで質問せずスルーしてしまうと、残った質問が脳を占領してしまい、その後の内容が全く入ってこない。

 

会話力を上げる本では、相手の話に耳を傾け、相手の言いたいことを引き出すのが最良だとされている。この基準に照らせば、僕は会話力ゼロの雑巾だろう。相手が言い終わらない内に質問するのは、会話の規約違反だ。質問する時、私たちは先へ進めない。立ち止まって、考え始めている。これは良いことではない。大事なのは鳥の目をもつことだと教わらなかったのか?この、考えるのが余りに早過ぎる現象を、思考の早漏とよびたい。

 

ちなみに僕よりはるかに早漏の人もいる。『ウィトゲンシュタイン読本』より抜粋。

 

始めることは難しい。――もちろん、われわれはすでに始まってしまっているのであって、新たに事を始めることなどできないのだという見地もありうる。そのような見地からすれば、何かを始めようと企てることは欺瞞であり茶番だろう。それは、すでに遠く港を離れた航海の途上で改めて空虚な進水式を執り行なおうとするようなものであるから。そのような見地を受け入れて、始めることの不可能性と欺瞞性を認めたとしても、しかし、依然として始めることが困難な時代として立ち現れてくるのはなぜであろうか。それは、われわれが原理的に不可能なことを試みていることに起因するのであろうか。

さて、ウィトゲンシュタインもまた始めなければならなかった。 

 

なんと「始めることは難しい。」の一文を書いた時点ですぐに自己内省が始まっているのだ。生活には不向きかもしれないが少しあこがれる。

 

 

ウィトゲンシュタイン読本 〈新装版〉

ウィトゲンシュタイン読本 〈新装版〉