読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無意味のような生き方

哲学専攻の大学院生が怒りと無念をさえずるブログ。

『ゼロから始める オクテ男子愛され講座』 ②

本の感想

↓前回のブログ↓ 

ikenohotori.hatenablog.com

 引用(モテる方法)+ 自分の感想

STEP7 「片思いの温度」の理解が成功の鍵

要するに「いい人」になること。それが初心者が彼女を作る一番の王道です。 

唐突だが、僕が言われたいセリフ、ベスト2を発表したい。

2位は「いい人ですね」

昔から悩み相談の頻出ワードだが、なぜこれが嫌なのか分からない。”嫌っていない宣言”をしてくれた事が大変うれしいじゃないか。ちなみに僕は一度も言われたことがない。

1位は「黙ってばイケメン」

これもすごくパンチ力のある褒め言葉だ。顔の高評価に加え、お喋りだと認めていのだ。これも一度も言われたことはない。

 

女性が一緒にいて楽しいと思うのは、リラックスして会話を楽しめる男性。感情は相手に移るので、あなたが緊張していると相手も緊張するし、あなたがリラックスして楽しんでいると相手もリラックスして楽しめる。

これも難易度高い。自己評価がだだ下がりの時期だと、俺なんかと話すよりも沈黙の方がマシだろうと考えてしまう。

 

【STEP8 正しいアプローチ】

[理想的なメールの文面]お疲れさま!前に言ってたパスタの美味しい店、よかったら一緒に行きましょう。来週か再来週の予定はどうですか?

行きま「しょう」って凄い。誰でも言える「お疲れさま」からの、ステップ、ジャンプが超人レベルだ。「よかったら」という仮定からの「行きましょう」は、文法的に成立してるのか。そして来週か再来週というアバウトな日時の指定よ。断りにくいかもしれないが、断られたら100%嫌われてるのがきついですね。

 

「会っているときはデレ、メールはツン」
初心者はその逆をやってしまいがち。会っているときはあたりさわりのない会話をして、もちろん手をつないだりもしない。そしてデートしたあとに「今日はすごく楽しかった!やっぱり○○さんは素敵な女性です!ぜひまた会いたいです!」と好意丸出しのメールを送ってしまうとか。

これも難しい。内向的あるある「メールだとテンションが高い」の逆だ...。なんかだんだん腹が立ってきた...。

 

ジョナサンな態度を心掛けて「変なことする人じゃない」という信頼感を与えましょう。かつ「友人と食事に行った」「同僚と飲みに行った」という話をさらっと出して「友達もいて健全な社会生活を送っているアピール」をしてください。

これ!!穂村弘がよくやってるやつだ。彼はさりげないところで友人(特に女性)を登場させるのが非常にうまい。

 

親しくなる前は「長時間だと会話が続くか不安」「お酒が入った方がリラックスできる」と考える女性が多いので「さくっと晩御飯」がおすすめです。

 「さくっと」という擬音が嫌い。

 

【STEP9 友達どまりの脱却法】

女性はどんな時にドキドキしてときめくのか?主にこの2つです。
・「男らしい」「頼りになる」と感じたとき
・「手をつなぐ」など肉体的接触をしたとき

 今までの何だった!!!結局いい人いらんやんけ!!!

 

皆さんも自分が女だったら、どっしり受け止めてくれる包容力のある彼氏を求めませんか?現代社会に生きる女性は日々戦っているので、好きな人の前では「自分」をさらけ出したい。でも自分より弱い男の前ではさらけ出せない。

なんかなあ。まず女性に対し「守りたい」と全く思わないから、「守られたい」女性の気持ちも全く分からないんだよなあ。どっしりと受け止める男は同性から見て全く憧れない。むしろ自分に自信なくてもがいてる男の方が数倍魅力的に思える。現代社会に生きる女性は日々戦っていて十分「強い」はずなのに、さらに上の強さを求めているのか...。なんかもう完全にどうでもよくなった。

 

初デートは「お試し感覚」で会う場合も多いけど、2回目のデートに来てくれたら「ほぼ確実に嫌われてはいない」と言えるでしょう。そのあと、3回目のデートに来てくれたら「好かれてる可能性も高い」と考えられます。

もういい。途中だけどやめる。③はもう書かないと思う。好きなように生きようよ。これが好きという自信をもつことと、あとはできる限りで相手のことを慮ればいいじゃない。まず、これ読め。

 

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)

 

 大丈夫、まだ二村ヒトシがいる。